ガラパゴスやフルイ機に費用がかかるなら中古品をチェック

用途に応じて機種を見極めることが大切

フルイ機は、ふるいにかける材質によって使う機種が異なります。石材なのか木材なのかなど材質には種類があり、さらにふるいにかける対象物体によって特化している特徴が異なります。対象物の大きさや磁力、重量など基準をどこに設けるかによって機種が異なります。

ガラパゴスやフルイ機に費用がかかるなら中古品をチェック

工事

ガラパゴスの運転質量や定格出力は様々

重機の運転質量は燃料や作業者が乗って作業ができるか、定格出力は決まった条件の中で安全に出すことができる最大の出力です。
運転質量や定格出力、大きさなどさまざまな種類がありますし、ガラパゴスは実はメーカーの商標されている重機ですが現在は自走式破砕機全般をガラパゴスと呼ばれていることが多いです。
ガラパゴスの種類も豊富にありますが、自走式破砕機と探してみるとさらにさまざまな運転質量や定格出力の重機を探すことができます。

機種によって特徴や価格は大きく変わる

建設現場にある破砕機の種類には
・一軸破砕機・・・回転する刃に破砕する対象物を押し付けて細かく破砕
・二軸破砕機・・・二枚の回転する刃をハサミのように切って破砕
・ハンマー方式・・・高速回転するハンマーを使って叩き割って破砕
・バケットクラッシャー・・・油圧ショベルのバケットがクラッシャーになっている
大型から小型まで幅広く種類はあります。小さな家庭用では5千円程度から入手することができますが、現場で使うものは何千万と高額です。

莫大な費用がかかるので中古も視野に入れよう

ガラパゴスは大きな建設現場で使う破砕機です。大きな現場で使うだけあり、1台何千万円もする高額重機です。
フルイ機はガラパゴスよりも安価な金額ですが、それでも平均500万円ほどとやはり安い買い物ではありません。
ただし、ガラパゴスとフルイ機をセットで使うことによって、建設現場での作業効率がアップします。さらにセットで作った山砂は高品質で、再利用や違う企業へ販売することも可能です。
導入するときには、大きな企業であっても莫大な費用がかかることに注目しています。費用面に悩んでいる場合には中古での購入を検討してみることがおすすめです。

広告募集中