高額なガラパゴスやフルイ機を手軽に利用できるレンタルサービス

購入とレンタルの特徴を徹底比較

新品や中古といった購入は故障や不具合時のサポートに注目

ガラパゴスやフルイ機は新品で購入するとメーカー保証がついています。突然の故障や機械の不具合などもメーカーサポートを受けることができます。
中古は新品よりも安価な金額で購入することができますし、適切に点検や整備を受けていれば長く使うことがえきます。メーカーサポートは各メーカー次第ですが、中古販売店でのサポートもあるとこが多いです。

レンタルを利用するときには空き状況は事前に確認が大切

レンタルは短期間だけでなく、長期間利用することができます。
工期と検討しながらレンタル期間を検討していきます。おすすめのレンタル会社はレンタル待ちにならないように保有台数が多い会社がおすすめです。
レンタルしたいときに借りたい機器がなかったということがないように、空き状況は事前に確認しておくことが大切です。

現場で大いに役立つ機械・ベスト3

no.1

工事現場ではおなじみの「油圧ショベル」

工事現場ではお馴染みの「油圧ショベル」は「バックホウ」、「ユンボ」とも呼ばれ同じ機械ですが彫る部分の大きさや性能で呼び方は異なります。
掘ったり、削ったりなどさまざまな工事現場では活躍しています。長さを伸ばすことができ、高いところや深いところにも利用することができます。用途によって大きさの種類があります。

no.2

重い資材を吊りあがることができる「クレーン」

重い資材を吊り上げる建設現場ではお馴染み「クレーン」にはクローラクレーンと移動式クレーンがあります。
クローラクレーンは地盤が軟らかい場所であっても利用することができ、建設現場だけでなく港湾などでも作業に利用することができます。
移動式クレーンは、クレーン部分とフロントアタッチメントがあり走行できるようになっています。

no.3

搬送用として活躍する「トラック」

工事現場だけでなく一般道でも走行しているダンプトラックは、土や砂などを運んで走行しています。
工事現場には一般的な運行ダンプトラックだけでなく、地盤が弱い場所や傾斜がある場所でも荷物を運べる不整地運搬車や放水車などの特捜車なども利用されています。

高額なガラパゴスやフルイ機を手軽に利用できるレンタルサービス

瓦礫

場所をとる機械は保管場所の用意が必要

大きな重機はスペースを保管するためにはスペースが必要です。さらに最近では重機類の盗難が増えているため防犯対策も必要です。
・小型~中型タイプの重機は現場の入口付近など現場の外から見える場所に置くことは危険です。出来る限り現場の内側に保管するようにします。
・高所作業車はブームを下げて正しい停車方法で止めておきます。ハンドブレーキをかけれるものはしっかり行い、車輪止めも忘れずに利用します。
機械にキーなどがあるときには差しっぱなしにせずに外しておくことも重要です。

新品なのに使用せず眠らせておくのは勿体無い

ガラパゴスやフルイ機だけでなく工事現場で利用する重機は使うたびに劣化していきますし、残りの使用期間によって買取価格が変化が出てきます。
購入したからもったいないからと使わなくてもそのまま保管しておくと、残りの使用期間がなくなっていい買取価格が低下してしまいます。
重機の買取業者によっては、ある重機だけを中心的に買取を行っているところもあります。使用期間が空くような場合には早めに買い取ってもらうことも検討します。

レンタルには使用したい時に使用できるメリットあり!

ガラパゴスやフルイ機などの重機をレンタルすると、安価な金額でも何百万円する重機から高額な何千万円する重機までさまざまなものを現場に揃えることができます。
使用する重機は一種類だけでなく、大小サイズだけでなく用途に合わせて揃えていく必要があります。
購入費用を抑えることができるだけでなく、レンタルする重機は性能が良い最新式のものを利用できることが多く、効率良く作業を行っていくことができます。
レンタルはメンテナンス費用や保管などの維持費用も抑えることもできます。

広告募集中